\【買切】サブスクリプションSTARTしました/現役救急救命士含め「長期」でロードマップを利用したい人に圧倒的におすすめです!CLICK‼

救急医療体制 P218

救急医療体制

https://youtu.be/NT970dS0VwM

A 救急業務の沿革

消防法の救急業務の定義
傷病者が医師の管理下に置かれるまでの間において、緊急やむを得ないものとして、応急の手当を行うこと

・救急業務に関わる沿革抜粋
■1991年4月→除細動、包括指示,救急救命士法が制定
■2004年7月→気管挿管
■2006年4月→薬剤投与
■2009年3月→エピペン
■2011年8月→ビデオ喉頭鏡
■2014年4月→心肺停止前の重度傷病者に対して
①静脈路確保および輸液
②血糖測定および低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与

B 救急医療を構成する体制

救急医療体制

出典:へるす出版 改訂第10版 救急救命士標準テキスト

C 病院前救護体制

1 応急救護体制

応急救護体制
■救急の現場に居合わせた市民などによる救急蘇生法などの実施体制

応急救護体制の整備の中心
■市民に対する救急蘇生法などの講習の実施と市中への自動体外式除細動器(AED)の設置


①救命の連鎖

救命の連鎖
傷病者の命を救い社会復帰させるために必要な一連の為

・4つの要素によって構成
心停止の予防
心停止の早期認識と通報
一次救命処置
次救命処置と心拍再開後の集中治療

救命の連鎖

出典:へるす出版 改訂第10版 救急救命士標準テキスト


②救命の連鎖における要素

心停止の予防

・心停止の予防は,心停止や呼吸停止となる可能性のある傷病者を未然に防ぐことである

小児
■窒息や溺水,交通事故などによる不慮の事故を防止
成人
急性冠症候群や脳卒中発症時などの初期症状を早期認識し,容態が悪化する前に医療機関で治療を開始することが重要

心停止の早期認識と通報

・心肺機能停止状態の傷病者に対しては,その場に居合わせた者(バイスタンダー)による早期認識が重要

・直ちに人を集め,119番通報することが重要

通信指令室
■救急隊に出動指令を下すとともに,通報者に対して一次救命処置の口頭指導を行う

一次救命処置

・心停止などに遭遇した者(バイスタンダー)は,一次救命処置(AEDの使用を含む心肺蘇生)を開始し,救急隊が到着するまで継続することが望まれる

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました