~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

損傷と治癒 P191

損傷と治癒
この記事は約5分で読めます。

A 損傷

損傷
■外力により組織が傷つくこと
■組織の解剖学的な連続が断たれた状態


◾️皮膚の連続性が断たれた開放性の損傷


◾️皮膚の表面の連続性が維持された非開放性の損傷

B 損傷の治癒

1 創傷の治癒

①一次治癒と二次治癒

・組織が損傷すると,生体はすぐに反応し修復を図る

・創傷の治癒は,大きく一次治癒と二次治癒に分けられる

一次治癒

手術の切開創などは,組織の欠損は少なく,創の縁は互いに密着可能で,汚染は少ない

速やかに修復され,大きな瘢痕を残すことはない

二次治癒

鈍器などにより生じた創傷では,
織の欠損部分が大きく,創縁は互いに離れ,感染が併発しやすい

治癒には時間がかかり,欠損部分には大きな肉芽組織が形成され,
大きな瘢痕ケロイドを残して治癒する

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました