~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

その他の環境障害 P833

その他の環境障害
この記事は約12分で読めます。

A 高山病

高山病
■高所に達した際に生じる身体機能の異常

・高山病の本態
■大気中の酸素分圧低下による低酸素血症
■数時間〜数日にかけて徐々に生じる低酸素血症を生理的に代償できなくなって発症する

急性高山病
低地居住者が高所に登って発症

1 発症機序と病態生理

大気中の酸素比率(濃度)
■0.21(21%

高所では大気圧そのものが低下するため,
大気中の酸素分圧も低下
■酸素分圧の低下に伴い,
動脈血酸素分圧(PaO2)および経皮的脈血酸素飽和度(SpO2)も低下

標高2,500m
■PaO2が60mmHg未満(SpO290%未満

■標高2,500m上の高所では身体に何らかの生理的変調を生じる

富士山(3,776m)以上の標高
■PaO2は常に60mmHg以下
エベレスト山頂(8,848m)
■PaO2は,標高0mにおけるPaO2のおよそ30%まで低下

①急性高山病と高地脳浮腫

・高山病の発症と悪化の関与
■順応しないまま高度を上げる
無理な登山計画

■高度上昇に伴う気温低下
発汗過呼吸による脱水
■そのほか疲労
睡眠不足など

2,500m以上の高所へ一気に登ると,
25%の者が急性高山病を発症
3,500m以上へ一気に登ると,
ほとんどの者が急性高山病を発症:うち10%が重症化

・脳浮腫が生じ急性高山病を発症の機序
低酸素血症および高二酸化炭素血症
いずれも脳血管拡張させて脳血流量を増加させる

■体液は血管内から間質に移動して貯留する
■水・電解質代謝ホルモンの分泌異常
(アルドステロン分泌の亢進,心房性ナトリウム利尿ペプチド分泌の低下など)によって尿量が減少

■これらの結果,
脳浮腫が生じて急性高山病を発症する
・急性高山病
■急性高山病の症状のうち,
頭痛は頻度が高く重要な所見

■急性高山病は,
新たな高度に達してから数時間以降に出現し,
2〜3日でピークとなり,

高地脳浮腫高地肺水腫
を発症しなければ5日程度で自然に回復する

■さらに頭蓋内圧亢進すると,
重症化して高地脳浮腫を生じる

急性高山病,高地脳浮腫,高地肺水腫の判断基準

出典:へるす出版 改訂第10版 救急救命士標準テキスト


②高地肺水腫

・急性高山病が重症化
高地肺水腫を生じる場合もある

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました