~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

腹部外傷 P739

腹部外傷
この記事は約7分で読めます。

A 疫学

・外傷のうち,腹部
■約9%

・刺創などの穿通性外傷
5〜10%

肝臓鈍的外傷では死亡率が高い

B 受傷機転

1 鈍的外傷

・腹部の外傷の大半は鈍的外傷

肝臓は重たく,その一部のみが腹壁に固定されているため,剪断力によって断裂しやすい

背面からの墜落など,背部への衝撃
膵臓脾臓,腎臓などが損傷を受けやすい

・圧迫による外傷:重量物やハンドル,シートベルトなどによって腹部が強く圧迫されて起こる

・腹部の臓器が脊柱に押しつけられることにより,
膵臓や肝臓,小腸・腸間膜腹部大動脈の損傷

内圧伝搬
消化管膀胱,横隔膜などの損傷をきたす

2 穿通性外傷

穿通性外傷
刺創銃創杙創などがある

・穿通性外傷による重症度成傷器の種類や大きさ,腹部臓器や大血管への穿通の程度に依存する

肝臓などの実質臓器や大血管を穿通
循環血液量減少性ショックをきたす

・下胸部や上腹部を穿通した場合
■胸郭内腹部の臓器と,横隔膜や肺,心臓などの胸腔・縦隔内臓器のいずれもが損傷

・腹部刺創における代表的な損傷臓器
肝臓,小腸(および腸間膜),横隔膜,大腸など

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました