~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

四肢外傷 P747

四肢外傷
この記事は約12分で読めます。

A 疫学

・外傷のうち
■上肢の外傷:約23%
下肢の外傷:約40%

・上肢外傷,下肢外傷ともに20〜60歳多く

・男性が約2/3

・四肢外傷単独の場合,重症度は高くない

・全外傷死亡者数
下肢の損傷の死亡数,
頭部外傷(約47%)についで2位(約16%)

B 病態

1 骨折

①骨折の種類

骨折
骨組織の連続性が失われた状態

・骨折の原因のほとんどは強大な外力が働いて発生する外傷性骨折
開放骨折
骨折部が創を通じて外界交通しているもの

閉鎖骨折
そうでないもの
・日常的な外力によっても生じる特殊な骨折
病的骨折
骨粗鬆症骨腫瘍などによって力学的に弱くなった部分の骨に発生

疲労骨折
スポーツなどにおいて,通常では骨折に至らない程度の外力が繰り返し作用した際に発生する骨折

②骨折の合併症

・骨髄や周辺組織からの出血

・骨折部周辺を走行する血管神経の損傷

・骨髄からは持続的な出血が起こる


閉鎖骨折

・出血量の推定
下腿骨骨折では約500〜1,000mL
大腿骨骨折では1,000〜2,000mL

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました