\【買切】サブスクリプションSTARTしました/現役救急救命士含め「長期」でロードマップを利用したい人に圧倒的におすすめです!CLICK‼

体温上昇  P540

体温上昇

https://youtu.be/YyTI6mX-vnQ

A 定義・概念

・腋窩温で37℃以上体温上昇とみなす

正確な体温を知るためには中心部体温の測定が望ましいが,日常生活や病院前では腋窩温鼓膜温で代用することが多い


体温上昇
発熱,高体温が含まれている
両者は原因,病態,対応に関して異なるため区別が必要

1 発熱

・何らかの原因で体温調節中枢の設定温度が上昇し,身体がそれに応じて積極的に体温を上昇させた結果が発熱である
発熱は目的をもった身体反応である

2 高体温

・種々の原因で身体に蓄積し,体温調節機能の不足,異常,または停止をきたして体温が上昇した状態

B 発症機序

1 体温の調整

・体温調節の中枢は視床下部

体温低下すれば,体温調節中枢の冷感受性ニューロンの活動亢進

体温が上昇すれば,体温調節中枢の温感受性ニューロン(温ニューロン)の活動亢進

体温の低下に対しては
■体表の血管が収縮して熱の放散を減らしシバリング(ふるえ)と呼ばれる骨格筋の小刻みな不随意収縮が生じて熱産生増やす
シバリングは強力な体温上昇の手段
体温の上昇に対しては
■体表の血管が拡張して放熱を増やし,必要に応じて分泌される汗が気化熱を奪って体温を下げる
■汗の蒸発さえ確保されれば発汗強力な体温下降の手段となる

体温調節のための反応

出典:へるす出版 改訂第10版 救急救命士標準テキスト

2 発熱の発症機序

・体温を下げるための反応として血管拡張発汗が生じ,体温は元に戻る

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました