~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

腹痛 P529

腹痛
この記事は約5分で読めます。

A 発症機序

1 内臓痛

発症機序

・管腔臓器の強制的な拡張
(閉塞による内容物の貯留)

・臓器を包む被膜の伸展
(実質臓器の急激な腫脹)

・内蔵平滑筋の過度の収縮
(管腔臓器閉塞に対する反射的な収縮など)

臓器の虚血


・痛みは自律神経を介して伝わる
性状は鈍く
■痛みの局在がはっきりせず
腹部正中線付近に感じられることが多い

シクシクする,
締めつけられるようなと表現され,
強まったり弱まったりを繰り返す

悪心・嘔吐,流涎,冷汗,顔面蒼白,血圧低下などの自律神経反射を伴いやすい

腹膜刺激徴候なし

・体動によって増悪なし、体位によっては軽減することもある
■傷病者は転げ回って痛がることもある

疝痛
■管腔臓器の平滑筋の強い収縮で生じる内臓痛

2 体性痛

局在明瞭鋭い痛み

腹腔内に漏出した消化管内容などによる刺激が加わると,
体性感覚による腹痛を引き起こす

持続性であり腹膜刺激徴候伴う

体動で悪化するため,
傷病者は身体を丸めてじっとしている

内臓痛と体性痛の特徴

出典:へるす出版 改訂第10版 救急救命士標準テキスト

全て重要じゃよ

3 関連痛

病巣のある部位以外に感じる痛み

腹痛

 

会員登録

\いつでも解約OK/

最新記事はTwitterからお知らせします。
豪華特典が全て無料

(協賛サイト)
救急救命士合格への完全ロードマップ‼
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました