~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

検査 P211(無料公開)

無料公開
この記事は約6分で読めます。

A 検査の種類

1 検体検査

・患者から採取した検体を用いて行う検査

・検体は血液のほか
尿・胃液・脳脊髄液・穿刺液・分泌物・排泄物,組織など多岐にわたっている

・これら検査は患者に対する侵襲が少ないこと,
必要とする資器材がわずかでベッドサイドで可能なものが多いこと,
結果がすぐ得られ多くは解釈に高度な知識が不要なことから,幅広く行われている

2 生理学的検査

・患者の種々の活動状態を把握する検査

・生理学的検査は患者に直接検査器具を装着することによってデータを収集する

心電図,肺機能検査,脳波など

・生体検査と呼ぶこともある

3 画像検査

・表面からみえない部分を画像として表す検査

・X線を使う検査
単純X線
各種造影検査
CT検査
・X線を使わない検査
超音波検査
MRI
内視鏡検査

B 緊急検査

緊急検査
■検査のうち,緊急で行われることの多い検査のこと

・患者の病状を把握しやすいことが緊急検査の条件となる

1 末梢血液検査

静脈から採取した末梢血について,血球成分の計数や化学物質の定量を行う検査

・自動赤血球測定装置ではヘモグロビン濃度ヘマトクリット値も同時に測定

貧血
ヘモグロビン濃度が正常よりも減少した病態
■成人男性13g/dl未満
■成人女性12g/dl未満

・赤血球に関しては総数のほか,平均赤血球容積,平均赤血球ヘモグロビン量,
平均赤血球ヘモグロビン濃度を指標に貧血の原因診断に利用される

・白血球に関しては総数のほか,
顆粒球好中球,好塩基球,好酸球),リンパ球,形質細胞,単球などが測定され,
主として感染症アレルギーの評価に用いられる

血小板数出血傾向の評価に用いられる

生化学検査
血漿中の各種化学物質の定量を行う検査
臓器機能の診断などに用いられる

2 動脈血ガス分析

・血液ガス分析装置を用いた検査で,
採取した動脈血を分析装置に注入すると自動的に様々なデータが得られる

・主に、低酸素血症や換気異常,酸塩基平衡の異常を調べるために行われる

ショック,呼吸不全,腎不全などで異常がもたらされる

各データ
■ph
水素イオン指数


Pa02
動脈血酸素分圧
 

■基準値
→90~100mmhg

■成人の低酸素血症
60mmhg以下と定義


PaCO2
→動脈血二酸化炭素分圧

■基準値
35~45mmhg

低換気→高値
過換気→低値

SaO2
→動脈血酸素飽和度

■基準値
→97%

SaO2が90%とのとき,PaO2はおおよそ60mmhg

HCO3-
炭酸水素イオン


■BE
→過剰塩基

3 尿検査

患者の尿を用いた検査

・簡易検査としてテステープを尿に浸すことで尿中の蛋白や糖,
潜血やPHの有無
1分程度で検査できる

尿管結石膀胱炎などの迅速な判断が可能

尿ph正常で6前後

尿の判別
アルカリ尿
尿路感染の可能性がある
尿糖と尿ケトン体
糖尿病のスクリーニング

尿潜血
尿路感染症・尿路結石・腫瘍などのスクリーニング

■尿蛋白
腎疾患の可能性を示唆
・薬物乱用などによる中毒が疑われる場合,
スクリーニングが行われることがある

ベンゾジアゼピン類
コカイン
モルヒネ
バルビツール酸類など

4 心電図検査

心電図検査
心筋の微弱な電気活動をさまざまな角度から記録する検査

・主な目的
不整脈心筋の異常
(心筋梗塞,心筋虚血,心筋肥大など)を検索すること

12誘導心電図
■通常は12の方向から電気の流れをみる

モニター心電図
■心電図を連続的にディスプレイ上に表示し,監視するもの

突発する不整脈心停止の早期発見欠かせないので,
救急活動においても必要不可欠

標準肢誘導
■モニター心電図は通常は心臓を挟む3点に貼付した電極の2つの部分の電位差を記録

5 単純X線

・中の形態的な異常を描出する方法

の撮影のほか,胸部腹部の状態を知るために用いられる

放射線被ばく伴う

6 CT検査

・検出器から得られる身体断層面それぞれの位置のX線吸収値をコンピュータで計算し,
そのコントラストを画像化するもの

・身体の断面像が得られるので
脳,肺,腹部実質臓器,消化管,骨・軟部組織,脊椎,心血管系など
全身臓器の形態的異常を診断できる

・現在では少ない被ばく量で検査時間も短く,画像も三次元で構築できて診断の精度が高くなった
■それゆえ,
救急部門においては頭部から体幹のすべてをスクリーニングするpan-scanが頻用される

造影剤を投与して行う造影CT 検査
■血流の多い部分が濃く写るため,血管や血流の豊富な組織を鮮明に描出できる

放射線被ばく伴う

7 超音波検査(エコー検査)

超音波検査
■超音波出力端子で体表から生体内を走査し,
返ってくる反射波(エコー)により画像を描出するもの

エコー検査ともいわれる

・主の検査部位
心臓
の形態が直接確認できる

腹部
占拠性病変や結石、腫瘍などの診断

・腹腔、心嚢、胸腔など体腔内の液体貯留や出血の確認ができる
血管
血流の異常をみるのに用いられる

■その他
胎児診断にも用いられる

・単純X線検査やCT検査と異なり,
放射線被ばく伴わないめ,患者の負担は比較的少ない

・またベッドサイドで行うことも可能

8 MRI検査

・X線の代わりに磁気を利用して画像を描出

利点
X線の被ばくないこと,
単純X線写真やCTで画像の妨げとなる骨の影響が少ないことが利点

■鮮明な像が得られ脳や脊髄の診断に価値があり,
脳梗塞でも超早期から診断可能
欠点
検査に10分程度の時間を要することや、
特殊な環境にある検査室で資器材の持ち込みが大幅に制限されることから,

呼吸,循環の安定している症例に適応が限られる

9 血管造影検査

・出血部位の確認や血管の異常を確認

・同時に血管の狭窄解除
異常血管や出血部位の塞栓手術
抗癌薬などの薬剤投与などカテーテル治療が併用される

・X線を使用するため,
放射線被ばく伴う

10 内視鏡検査

・体外から器官の中にファイバースコープを挿入して,その内面を観察するもの

出血,潰瘍,腫瘍などの診断に加えて
出血に対する止血術
ポリープや癌の切除術など,
内視鏡を用いた直視下の治療も行われる

11 脳脊髄液検査

・主に脳脊髄炎の診断

意識が悪い場合痙攣が止まらない場合
頭痛・嘔吐・発熱など神経に異常がありそうな状態が続く場合にも,
脳脊髄液を採取する検査を行う

・採取した脳脊髄液を用いて,
蛋白質や糖の量,細胞の数や形態を検査する

腰椎穿刺
腰椎の間に細い針を刺して脳脊髄液を採取する方法

【救急救命士国家試験対策】YouTube学習,勉強,(検査)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました