~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

救急救命士が行う処置3 「人工呼吸・胸骨圧迫・自動心マ・電気ショック」

救急救命士が行う処置
この記事は約12分で読めます。

I 人工呼吸

1 目的

人工呼吸
■適切な換気量と吸入酸素濃度を維持することにより,
血液の酸素化と二酸化炭素排出を改善するとともに,
呼吸筋の仕事量軽減すること

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました