~人生に大きく影響してくる学びと時間を提供します~

消化系 P119

消化系
この記事は約15分で読めます。

A 消化器

1 消化器の構成と構造

消化器
口から肛門に至るまで連続する管状の消化管
付属腺臓器からなる
摂取した食物を消化して生体に必要な分子を吸収し,不要となる未消化物などを排泄する役割を担う

消化管
口腔,咽頭,食道,胃,
小腸
十二指腸,空腸,回腸
大腸盲腸,虫垂,上行結腸,横行結腸,下行結腸,S状結腸,直腸)に区分
付属腺臓器
唾液腺,肝臓,胆囊,膵臓

■これらは食物を化学的に消化する酵素pH調整する緩衝液を産生する
■導管を経由して消化管内腔に分泌することで食物の消化を促す

2 消化器の役割

生体が必要とするエネルギー源
食物を摂取することにより得られる

消化
摂取された食物がさまざまな過程を経て低分子物質まで分解されること

・消化された低分子物質は小腸大腸で吸収され,残りは便となって肛門から排泄


糖質

唾液膵液により単糖類まで消化される
小腸で吸収

蛋白質

胃液膵液によりアミノ酸まで消化される
十二指腸から小腸で吸収

脂肪

胆汁膵液により脂肪酸やモノグリセリド・グリセロールに消化される
小腸で吸収される

水分

小腸大腸で吸収

ビタミン

小腸で吸収

B 口腔・咽頭

1 口腔

・消化管のはじまりの部分

・口腔:歯,舌,唾液腺があり消化に関与している


①歯


■摂取した食物を口腔内で噛み砕く構造物

■先端から歯冠,歯頸,歯根の3部で構成

歯冠
エナメル質
■※欠損すると再生されない
歯根
セメント質
■内部は象牙質であり,血管,リンパ管,神経が出入りする
永久歯
32本
 
乳歯
生後6ヶ月頃から生えはじめる
2歳20本

②舌


■口腔底ある
■発達した横紋筋と表面を覆う粘膜からできている

舌体舌根に分かれている

舌根
■口腔底に固定されている

舌体部
■可動性があり,咀嚼により食物を混ぜ合わせて嚥下運動を助ける

・舌全体には大小多数の舌乳頭という顆粒状の隆起がみられる

味蕾
■舌にある味覚を司る
葉状乳頭,有郭乳頭,茸状乳頭に存在

③唾液線

大唾液腺小唾液腺ある

・大唾液腺には耳下腺・顎下腺・舌下腺がある


出典:看護roo!


④口蓋

・口蓋は口腔と鼻腔を隔てており,嚥下時に上咽頭閉鎖する作用がある

前方2/3硬口蓋
後方1/3軟口蓋(骨がない)

出典:看護roo!

2 咽頭

咽頭
■口腔と食道の間にあり,鼻腔や喉頭とも交通しており空気食物が通過する

咽頭筋収縮
口蓋垂が持ち上がり口腔と上咽頭の間が閉鎖される
喉頭が閉鎖され,
食物は気管に入らず食道に移行していく

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました